住宅ローン借り換えの最適タイミング

住宅ローン借り換えの最適タイミング

ローン借り換えに最適な時期か見計らう

住宅ローンを借り換える際には、時期を見計らう必要が有るかというと、そうでもありません。
自分が借り換えの必要性を感じたら、その時に借り換えをするのが一番いいでしょう。
住宅ローンは毎月支払う必要があります。
借り換えをした方がいいと思っていても、借り換えをしなければそのまま返済をすることになります。
実は借り換えをしたほうが得をするのかもしれません。
そうなると損をしたまま返済をしているということになります。

 

固定金利選択型のローンを組んでいる人など、固定金利の期間が決められている場合には、その期間内に検討しておいたほうがいいでしょう。
期間が終了するとその間の支払いとは違う方法で支払いをすることになります。
その場合急に負担が増えるということもあるでしょう。
そうなる前に借り換えをした方がいいかもしれません。
また、現在金利が低いのが事実です。
これから金利が上がった場合、その時に借り換えをすると金利が高いです。
低金利の時代に借り換えを行なっておいたほうが大きな得をすることができるかもしれません。

 

もちろん借り換えにもデメリットがあります。
それは借り換えをする際にかかる諸費用です。
諸費用を検討した上で得をすることができると判断しておかないと、後から損をすることになるかもしれません。
自分の現在の状況や支払い方法、借り換え先のローンについてしっかりと検討し、借り換えをするべきか判断しましょう。
借り換えをした方がいいかもと考えた時が、最も検討すべき時です。

 

借り換える際にはタイミングが重要

住宅ローンを借り換える際にはタイミングが重要になります。
そのため借り換えの最適な時期を気にしている人もいるでしょう。
しかし実際には借り換えに最適な時期というのはなく、早ければ早いほど良いというのが事実です。
これは年齢を重ねると住宅ローンの借り換えの審査に通過できなくなることなどが理由としてあげられます。

 

基本的に住宅ローンの借り換えといっても新規に住宅ローンを借りるのと同じ審査の項目をクリアすることになります。
そのため健康状態なども重要な審査項目の一つです。
多くの金融機関で団体信用生命保険に加入することが条件になっていることがあります。
そのため健康状態が悪くこの団体信用生命保険に加入できない場合には住宅ローンを借りることができないということになります。
また、現在健康状態に問題がなくても、いつ病気になるかは誰にもわかりません。
そのリスクは年齢を重ねると増加していくでしょう。
そのため若いうちのほうが借り換えの際に審査に通過しやすいということは否定出来ません。

 

住宅ローンの審査には年収などの返済能力の面にばかり気を取られてしまいがちですが、健康状態も重要な審査項目です。
健康でなければ収入を得ることができなくなり、返済能力もなくなるでしょう。
そういった意味でも健康状態というのは重要なのです。
せっかく借り換えを検討したのに健康状態で審査に通過できないというのはもったいないでしょう。
借り換えを検討したら早いうちに借り換えをした方がいいということは覚えておいてください。
実際に借り換えをする前に住宅ローンシミュレーションをしておいた方がいいでしょう。

 


 

ホーム RSS購読 サイトマップ